映画『たゆたう』|寺島咲、手塚真生、斉藤暁、木下ほうか、宮本真希出演|2017年4月 K'S CINEMAにて劇場公開
おかげさまで好評のうちに、k's cinema における上映は終了しました

最新情報|映画『たゆたう』|寺島咲、手塚真生、斉藤暁、木下ほうか、宮本真希出演|2017年4月 K'S CINEMAにて劇場公開

映画『たゆたう』ツィッター情報    映画『たゆたう』ツィッター情報

 

 

 

最新情報|映画『たゆたう』|寺島咲、手塚真生、斉藤暁、木下ほうか、宮本真希出演|2017年4月 K'S CINEMAにて劇場公開

型にはまれないわたしたちは、どう生きればいいの?|たゆたう|映画『たゆたう』山本文監督作品
型にはまれないわたしたちは、どう生きればいいの?|たゆたう|映画『たゆたう』山本文監督作品
『たゆたう』
たゆたうとは、ゆらゆらと揺れて定まらないこと。
その語源は、小舟が波間を漂うさまからきている。
『 たゆたう 』
たゆたうとは、ゆらゆらと揺れて定まらないこと。
その語源は、小舟が波間を漂うさまからきている。
 
|ストーリーキャプチャー1 |ストーリーキャプチャー1 高校時代からの友人でルームシェアをしている、あかりとジュン(純子)。
自暴自棄な生活から望まない妊娠をしてしまった、あかり。
女に生まれながら、性別への違和感に悩む、ジュン。
二人はそれぞれの悩みを抱えながら暮らしていた。
|ストーリーキャプチャー2 |ストーリーキャプチャー2 ある日、あかりは中絶費用を借りるためにジュンに妊娠したことを話す。

ジュンから思いがけない返事が返ってくる。
「堕ろすんだったら、自分にちょうだい。赤ちゃん」

その日から、二人の生活は変化していく。

|ストーリーキャプチャー3 |ストーリーキャプチャー3 徐々にお互いの悩みを知っていく中で、時にぶつかり、時に傷を舐め合う二人。

あかりとジュンは、妊娠期間をとおして自分の生き方を見つめていく。

最後に二人が出した答えとは・・・

 
 

キャスト紹介|映画『たゆたう』|寺島咲、手塚真生、斉藤暁、木下ほうか、宮本真希出演|2017年4月 K'S CINEMAにて劇場公開

寺島咲
金銭的な理由で、ジュンとルームシェアをしている。
寺島咲 (てらしま さき)
1990年東京都出身。2004年大林宣彦監督作『理由』のヒロイン役でデビュー。代表作は、『魍魎の匣』(原田眞人監督)、『受験のシンデレラ』(和田秀樹監督)主演、映画『私の叔父さん』(細野辰興監督)ヒロイン、『野のなななのか』(大林宜彦監督)、TBS開局60周年記念5夜連続特別企画『99年の愛~JAPANE SE AMERICANS~』(TBS)、 『書店員ミチルの身の上話』(NHK)、 『JKは雪女』(MBS・TBS)、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)など。第5回モナコ国際映画祭最優秀主演女優賞。
手塚真生
女の身体に違和感があり、自分は本当は男なのではないかと悩んでいる。
手塚真生 (てづか まい)
1990年東京都出身。モデルとして雑誌、広告を中心に活動後、2012年から女優業を開始。 2014年『渇き。』でスクリーンデビュー。主な出演作に、映画『アナザサイド サロメの娘 remix』(七里圭監督)、『お母さんの木』(磯村一路監督)、『破れたハートを売り物に ~この柔らかい世界~』(長澤雅彦監督)、ドラマ『龍が如く 魂の詩。』(GEOチャンネル)、連続ドラマW『水晶の鼓動 殺人分 析班』(WOWOW)、『グッドモーニング・コール』(CX・Netflix)、『ヒガンバナ』(NTV)、『レッドクロス』(TBS)、CM『日立/世界ふしぎ発見30年記念特別版 30年の出会い篇』、『ダイハツ/WAKE』などがある。
木下ほうか
ジュンの通う性転換専門クリニックの精神科医。
木下ほうか (きのした ほうか)
1964年大阪府出身。井筒和幸監督の『ガキ帝国』で俳優デビュー。以降、映画、TVドラマなど個性派俳優として数々の作品に出演。 最近の主な出演作は、映画『貌斬り』(細野辰興監督)、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(小林聖太郎監督)、『22年目の告白』(入江悠監督)等。 ドラマ『昼顔』(CX)、『ラブソング』(CX)『ナイトーヒーロー』(TX)『ドクターカー』(よみうりテレビ)、『カインとアベル』(CX)、『水族館ガール』(NHK)、『隠れ菊』(NHK-BSプレミアム)、『リテイク』(CX)、『スリル!』(NHK)、バラエティー『痛快TVスカッとジャパン』(CX)など。
宮本真希
あかりの通う産婦人科の医師
宮本真希 (みやもと まき)
1977年愛媛県出身。深作欣二監督の『おもちゃ』(99年)でスクリーンデビュー。 日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。主な映画作品は、『白ゆき姫殺人事件』(中村義洋監督)、『陽光桜-YOKO THE CHERRY BLOSSOM-』(高橋玄監督)、『海すずめ』(大森 研一監督)などがある。ドラマ作品に『無痛~診える眼~』(CX)など。
海東健
あかりと交際いているが別に家庭を持っている。
海東健 (かいとう けん)
1979年東京都出身。『2001年のおとこ運』(CX)で俳優デビュー。同年NHK朝の連続テレビ小説『ほんまもん』でヒロインの相手役を好演。 04年には大ヒット作、『海猿UMIZARU』にて準主役で映画初出演を果たす。 最近の主な出演作は、『復讐したい』(室賀厚監督)、『黒執事』(大谷健太郎監督)、『カラアゲ☆USA』(瀬木直貴監督)、『アンダーウェア』(CX/Netflix)、『ニライカナイの語り部』(EX)など。
斎藤暁
元女性で、性転換し戸籍上も男性になった人物。
斉藤暁 (さいとう さとる)
1953年福島県出身。地元テレビ局勤務を経て上京後、 自由劇場に入団。東京壱組を経て、脇役を中心に活躍。 1997年『踊る大捜査線』で秋山春海副署長役で大ブレイク。 最近の主な出演作は、『超高速!参勤交代リターンズ』(本木克英監督)、『マエストロ!』(一丁田薫監督)、『トテチータ・チキチータ』(古勝敦監督)、『科捜研の女第16シリーズ』(EX)、『とと姉ちゃん』(NHK)、『怪盗 山猫』(NTV)など。
芹澤興人
あかりが勤める自動車整備工場の整備士。
芹澤興人 (せりざわ たてと)
1980年静岡県出身。独特な存在感で映画を中心に、TVドラマ、CM、舞台など幅広く活動。 最近の主な出演作は、『福福荘の福ちゃん』(藤田容介監督)、『バンクーバーの朝日』(石井裕也監督)、『知らない、ふたり』(今泉力哉監督)、『リップヴァンウィンクルの花嫁』(岩井俊二監督)など。
清水ゆみ
---
清水ゆみ (しみず ゆみ)
1982年東京都出身。1998年、ティーン向け雑誌『mcSister』の専属モデルとしてデビュー。 その後は、俳優としても数々の映画・ドラマ・舞台に出演。 最近の主な出演作は、『The Girl From Nagasaki 』(Michel Conte監督)、モントリオール世界映画祭公式上映作品『おべんとう』 (板橋基之監督)、『サクラ咲く』(nottv)、NHKEテレ『しごとの基礎英語 Season4』など。
魏涼子
---
魏涼子 (ぎ りょうこ)
1972年大阪府出身。1994年、劇団青年座入団。同年NHK『春よ、来い』でデビュー。初舞台は1996年、『三文オペラ』のポリー役。 以降、映画・テレビ・舞台や吹替えでチャン・ツィイーを担当するなど多方面で活躍中。 最近の主な出演作は、『ONE PIECE FILM GOLD』(ステラ役)、『新・牡丹と薔薇』(東海テレビ・CX)など。
魏涼子
---
秋山タアナ (あきやま たあな)
1987年東京都出身。最近の主な出演作は、 『「超」 怖い話』(千葉誠治監督)、『マスタードガス・バタフライ』(廣瀬有紀監督)、 『劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市』(千葉誠治監督)、『マウント・ナビ』(千葉誠治監督)など。 また、『フレシャス』や『くらしの友』などのCMにも出演中。
 
 

スタッフ紹介|映画『たゆたう』|寺島咲、手塚真生、斉藤暁、木下ほうか、宮本真希出演|2017年4月 K'S CINEMAにて劇場公開

監督
山本文 (やまもと あや)

1988年千葉県生まれ
東放学園映画専門学校の卒業制作「静脈に愛をこめて」が、第30回そつせい祭にて準グランプリを受賞。 映画をはじめ様々な映像制作に携わりながら、今作「たゆたう」の脚本を執筆。 今作が初の長編監督作品となる。

【監督コメント】
『たゆたう』は、性同一性障害である私の友人の話がもとになっています。 脚本を書き始めた当初は、純子のキャラクターを客観的に捉えていましたが、物語が進むにつれて純子が抱えている「どう生きるのか」という課題が当時20代半ばだった自分にも当てはまることに気がついて、作品の主題を自分の問題として考えるようになっていきました。脚本段階では映画化の話はもちろんありませんでしたが、物語に賛同してくれた多くの方のおかげで作品を撮ることができ、さらに劇場公開までさせていただけることになりました。純子やあかりや私のように「どう生きるのか」と立ち止まったことのあるすべての人に観ていただきたい作品です。
撮影監督
栢野直樹 (かやの なおき)

日本映画撮影監督協会(J.S.C)所属。1988年より撮影技師として活躍。1996年『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞最優秀技術賞を受賞。最近の主な作品は、『グッド・モーニングショー』(君塚良一監督)、『25 NIJYU-GO』(鹿島勤監督)、『花と蛇 ZERO』(橋本一監督)、『レディ・ジョーカー』(WOWOW)、『マークスの山』(EX)、『臨場』(EX)など。
医療監修
山口 悟 (やまぐち さとる)

医学博士・ナグモクリニック名古屋院長。 GID(性同一性障害)学会理事・日本形成外科学会専門医・日本乳癌学会乳腺専門医性同一性障害手術のエキスパート。他に乳房美容手術、乳癌手術と幅広く従事している。 『たゆたう』作品内では、純子の通うGIDクリニックの医師役としても出演。
原作・脚本・監督:山本文 撮影監督:栢野直樹(J.S.C)
エグゼクティブプロデューサー:山口真人(モラモラプレス) ラインプロデューサー:本島章雄 医療監修:山口悟(ナグモクリニック名古屋)
照明:千々岩俊二 録音:清水雄一郎 衣装:高橋深雪 ヘアメイク:宮本圭歌 編集:小堀由起子 整音:原口崇正 音楽:中根達也
助監督:石川浩之 制作:福西良 演出助手:塩崎竜朗 荻原崇弘 撮影助手:橘佑樹 森本雅章 照明助手:横山美奈 録音助手:三木雄次郎
美術応援:後藤文子 撮影協力:玉木則順 宣伝:梶田理恵 宣伝美術:フルヤマモトミ 学生応援:川添崇雄 亀田勇 松本星大 和田笑美加
撮影協力:ナグモクリニック Lapin アメニティ祇園 ベイプラザホテル セント 清見台カフェ FRANK 新富津漁港 ラベンダー 熊切産婦人科
三交社 バルクレンタカー 衣装協力:FINE BLUE ウェブデザイン:VICENTE 編集協力:東映株式会社 東映ラボ・テック株式会社
企画協力:ブレス 特別協賛:ナグモクリニック名古屋 特別協力:学校法人東放学園
企画・製作:モラモラプレス
 
 

劇場情報|映画『たゆたう』山本文監督デビュー映画作品|2017年4月1日(土)~、新宿K'Sシネマにて劇場公開決定!

 

劇場名 公開日 地域 TEL サイト
K's cinema 4月1日(土)~4月14日(金) 新宿 03-3352-2471 劇場情報
 
 

予告編|映画『たゆたう』|寺島咲、手塚真生、斉藤暁、木下ほうか、宮本真希出演|2017年4月 K'S CINEMAにて劇場公開



予告編
 
 

© copyrights 2017 TAYUTAU.